読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

私たちは、なぜパッタイが好きなのか? タイ料理

大抵の日本人が好きなタイ料理の中の一つがパッタイ

 

タイ風焼きそばとは言いますが、厳密には日本の中華麺とは似ても似つかぬ米麺を使用。

 

タイにも中華麺自体は流通していてクイッティアオに使うケースはありますが、パッタイには決して使わない。

 

でも不思議なことに食べると”焼きそば感”がすごいのね!

 

マロニーちゃんに近いような食感の米麺が、強火で火を通すことでしっかり麺としての自己主張をしてくる。

 

 

パッタイは屋台やフードコートなど、その場で作ってもらって食べるのが一番おいしい!

 

小綺麗なレストランで奥の厨房で作ったものをテーブルに配膳されるのも違う気がする。

 

 

やはり、炎とシャーという音、豪快に具材と調味料を混ぜて作るのを見るもの楽しい。

 

米麺とエビ、揚げ豆腐、卵、唐辛子、ナンプラーや調味料が、高温のフライパンの中でで踊る様がダイナミック。

 

味覚の前に視覚聴覚でも充分に楽しませてもらえる!

 

 f:id:specide:20150625195620j:plain

写真からも美味しさが伝わりますか?

 

 

ブアボック(ツボ草)もやしは添え物で生なのです。

 

シャキシャキのもやしと言えば聞こえはいいが、単なる青臭い生ですた(´・ω・`)ガッカリ…

 

瞬間的にでも湯がいてくれれば、青臭さは抜けると思うんだが。。

 

ヨーシ、今度、もやしだけでも一緒に混ぜて炒めてもらうように頼んでみよう。

 

 

 

でもあのパッタイの美味しさ、

なんだか懐かしい感じの味わいがするのはなぜだろう?

 

 

素朴な味だから?

 

なんか子供の頃に喜んでよく食べたような甘い味。

 

でも単なる甘さだけじゃ無く、ナンプラーのコクや酸味なども融合している。

 

 

やはり美味しさの秘密は

タイ料理の4大要素(辛い、酸っぱい、甘い、しょっぱい) 

なんだろうか?と思う今日この頃。

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村