読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

ダブルツリー by ヒルトン那覇のサービスがグレードアップしていた件

久しぶりのダブルツリー by ヒルトン那覇であります!

 

旭橋駅の真横に隣接する絶好の立地。

f:id:specide:20150729224513j:plain

 

もともと別のホテルだったところをヒルトンが買い取り、ダブルツリーブランドで営業開始したことなどから、当初は施設や設備、サービスまで少し厳しい目で見られていた傾向(ホテルの口コミサイトなどで)にあったこのホテルですが、私は大して気にもせず幾度となく利用した経験がありました。

 

 

  • そもそも、そんなにヒルトンブランドの期待を押し付けても気の毒でしょう、
  • ダブルツリーってそういう位置付けのもんなんだし、
  • バンコクのダブルツリーはやたら愛嬌あっておもてなし精神も豊富だけど、
  • 施設はそんなに大きく変わらないし、という感じで。 。

overseas.hatenadiary.jp

 

f:id:specide:20150730101644j:plain

 

とはいうものの、

ココは、これまで割と事務的な対応がデフォルトだった記憶は無きにしも非ずでした。

 

 

でも今回、一連のサービスの品質が、、明らかに向上しているのを感じました。

 

チェックイン時には、チェックアウトの予定を聞かれ最終日夕方の便であることを告げたら、ゴールド会員は14時までのレイトチェックアウトが可能な旨をキチンと漏れなく案内されたり、朝食時に席を確保するので希望の時間を聞かれたりと、こういう痒いところに手が届くサービスが今までは無かったので好印象です。

 

TOYOTAじゃないけど KAIZEN カイゼンしていますね、素晴らしい。

 

overseas.hatenadiary.jp

 

  

ちなみに前回はコレ無かったんじゃないかなぁ?この沖縄土産セットも良い。

バンコクはミニマカロンのセットや、なんやかんやサービス精神豊富だったけど。

那覇のは今までは記憶になかったのは事実。

f:id:specide:20150730101654j:plain

 

無料のミネラルウォーターはいろはすでした。

キャップまで厳重にビニールコーティングされているバージョンでした。

コンビニで買うのには付いてないですよね?確か

f:id:specide:20150730101702j:plain

 

ダブルツリーのチェックイン時のウェルカム・サービスでおなじみ、

チョコチップクッキー 

 

いつも温めたモノを用意されているのですが、今回は夏の暑さを考慮してか、あるいは団体でも入って温かい在庫がなくなったか? 

あまり温かくなかったのが私にとっては却って良かった!

f:id:specide:20150730101712j:plain

 

バスタブはさすがに日本のダブルツリーといったところ。

ゆっくり足を伸ばして入れるだけの充分な大きさのものが設置されています。

f:id:specide:20150730101721j:plain

 

最近エコの意識が高い私は、コンラッドやヒルトンほどの贅沢なラインナップではなく、ダブルツリーのようなシンプルなアメニティーでも充分と感じています。

f:id:specide:20150730101728j:plain

 

青い珊瑚礁って松田聖子ですか

ハッカ飴の中にリキッドが入ってる

これ美味しかった! 北海道:北見のハッカ飴みたいな感じ。お土産にイイかも。f:id:specide:20150730101737j:plain

 

雪塩ちんすこう

可愛らしい大きさのミニバージョン

ちんすこうは正直そんなに好きじゃないので買わないのですが(てか、好きっていう人をあまり見かけたことがない、ゴメンなさい)、普段まったく食べないだけに、却ってこういうサービスがありがたいです

f:id:specide:20150730101745j:plain

 

かわいらしいシーサー(ゼリー)

だけど こっちも

「フフフ、お主も悪よのぅ〜」と言ってるように見えるから不思議だ(笑)

沖縄に来て頭がおかしくなったのだろうか?

overseas.hatenadiary.jp

f:id:specide:20150730101753j:plain

 

翌日はゴールド会員のベネフィットで無料朝食を頂きました。

 

チェックインの際に「明日の朝食の予約をお取りしましょうか?」と聞かれたのには、過去にそんなことはなかったので少し驚いたのですが、沖縄では中国人観光客などが増えて朝食会場もかなり混雑するようになったようです。

 

最近は円安進行に伴う中国人観光客の急増により、文化・風習の違いからくる問題なども指摘されるようになりましたが、私は正直なところ日本ではあまり気になったことはありません。
 
もっとも自分が国内で宿泊するホテルが中国人でいっぱいに、という状況にないのも確かですが。
 
 
ただ海外のホテルに宿泊した際には、ホテルの部屋のドアを開けっ放しで(どうもそういう習慣があるよう)大声で話されるとうるさくてかなわないと思ったり、駅で切符を買おうとしてるところにどんどん横入りされたり(並ぶという習慣が無い)、お手上げと感じることもあるのは事実です。  
 
 
まあ、裕福になった中国人が世界中に観光に行くようになって、
どこでもマナーを指摘される・・・というのは、、
火のないところに・・ではないけど、何も無い訳ではないのでしょう。
 
 
 
日本であまりそういう目に遭わないのは運がいいだけなのか、あるいは彼らが空気を読んで日本では少しおとなしいのか・・・ 
 
 
いや、空気を読む人たちではありませんね、中国とインドの人たちは。
海外に行くとそのことが如実に分かります。
 
でも、国際社会でつい遠慮して引いてしまう日本人と違い、遠慮なしに自己主張を続けたその2カ国が、世界の舞台で台頭してきたというのもこれまた事実です。
 
 

何にせよ、稼働率が上がるのはホテルにとってはいいことですしね。

中国の人がお金を落として、ホテル側がサービスに余力を振り分けられることになれば全体にプラスになるというものでしょう。

f:id:specide:20150730101811j:plain

 

シンプルながら朝食には充分です。

f:id:specide:20150815183112j:plain

 

ここらをバンコクのダブルツリーとは比較してはいけないところですね。

あそこの朝食はヒルトン、コンラッドと遜色ないレベルの充実度なので。

 

overseas.hatenadiary.jp

 

こちらの那覇のレストランはウエルカムドリンクでも利用しましたが、雰囲気は悪くないです。 

 

2日目の朝はエッグステーションでオムレツを作ってもらいました。

朝から人に作ってもらった温かいモノを食べると、なんか幸せな気分になりますよね!

f:id:specide:20150730101824j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村