読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

ステイ in バンコク@Tins of Blue Hotel Residence Part9

タイ・バンコク ホテル

いよいよ

最後のラップアップに入ります!

 

良いとこ悪いとこのまとめ

 

今回は良いとこ編

 

 

1. センスがいい

なにより これが一番

ハイセンスなものに囲まれた数日間、

私の感性はすっかり覚醒したのです

 

 

2. 朝食がいい

これまでご紹介した通り、ナイスな朝食

基本はワンプレート 🥞 、バイキングはパンやフルーツ

 

こういう形態もあるのだなと勉強になった、ホテル関係者じゃないけど(笑)

 

でも、この方がホテル側も残り物、廃棄物が少なくて済む、賢いやり方かも。

 

 

3. ファランしか居ない

これはタイ語で欧米人を指す言葉ですが、

滞在中は朝食を含めてそっちの人たちしかいなかったので、海外に来た感じがした

私にはすごく合ってる!

 

ホテルによっては日本人と中国人しかいないみたいなとこもあるバンコクでは珍しい

 

 

4. @home(アットホーム)な雰囲気

小さな机に女性2人が座ってチェックインの手続きをしてくれたと思えば、翌朝には2人ともウエイトレスとしてレストランで働いてた(笑)

 

守衛のおじさん達(交代制)は、トゥクトゥクの運転手や庭仕事も兼任している(笑)

 

少人数で賄っている上に、皆んな働き者なのでした

 

 

5. 屋上の圧倒的な開放感

前回も さわりだけご紹介しましたが

屋上には庭園以外にプールもあります

f:id:specide:20170213223524j:plain

 

プールから望むアソークのビルディング

 

f:id:specide:20170222184238j:plain

 

この景色は・・

規模は全く違えど、、

シンガポールのマリーナベイサンズか!みたいな(笑)

tenten030.hatenablog.com

 

階段を登って

f:id:specide:20170213223321j:plain

 

ここから飛び込むのです

f:id:specide:20170213223340j:plain

 

もちろん

泳いだ後は、こちらのデッキチェアーにどうぞ

f:id:specide:20170213223409j:plain

 

いい雰囲気のプールではありますが

f:id:specide:20170213223420j:plain

なにぶん、非常にかわいらしいサイズなので

 

たぶん

豪快にバタフライしたりしたら

f:id:specide:20170213223430j:plain

最後、はみ出して

そのまま落ちていく危険性あり

 

 

このプール横の板の間をヘッドスライディングしながら進むと、

f:id:specide:20170213223453j:plain

 

これまた小さなフィットネス施設

f:id:specide:20170213223503j:plain

 

側に建物がないので開放感いっぱい

f:id:specide:20170213223513j:plain

 

 

 

6. ホテル 🏨  全体が明るい

 

開口部が大きく採光性に優れた明るい造り

f:id:specide:20170213224212j:plain

 

こっちはエレベーター横の階段

f:id:specide:20170213224221j:plain

そう、

日の光は人を元気にするのです!

  

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村