読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

ステイ in バンコク@Tins of Blue Hotel Residence    Part6

タイ・バンコク ホテル

いよいよ最後の探索場所は・・

 

そのトイレ横、

 

シャワールーム

f:id:specide:20170212233333j:plain

奥が明るくて、、

何でライトアップしてるのかとお思いのことでしょう。

 

 

まあ、その前に

聞いてください、皆さん!

 

この温度調節のやり方を見つけるのが大変だった

f:id:specide:20170214190228j:plain

最初は水しか出なかったから、、

 

ん?

あたしゃムエタイ戦士か!みたいな・・

 

 

ようやく調節箇所を見つけた! 

f:id:specide:20170212233425j:plain 

このように

かすかに と って書いてあるのが見てとれる!

 

しかも、この右端のノブが水量を調節するコックだったりするから始末が悪い

 

コックを右に引くと水が出る仕組みだけど、まさか その動きに加え、手間か奥に捻ることが必要だとは。。

 

お部屋はシンプルなのが気に入ったけど、

シャワー設備 🚿 はシンプル過ぎて、ちと苦労した

 

 

ライトアップされてたと思った奥のトビラを開けると、、

そこは雪国だった。。

 

いや、思い切り外、全開だった!

f:id:specide:20170212233548j:plain

 

なんで?

 

人生には登り坂、下り坂、まさかの3つがあるらすいのですが、

 

これこそ、まさかの作り

こんなところに小さなベランダ、

f:id:specide:20170212233625j:plain

 

街並みがよく見えるぞい

f:id:specide:20170212233717j:plain

 

でもシャワールーム直結のベランダって、、

いったい何をさせたいのだろう?

f:id:specide:20170212233749j:plain

 

いくらマイペンライのタイ 🇹🇭 とはいえ

裸でベランダ満喫してたら・・

f:id:specide:20170212233810j:plain

間違いなくタイーホでしょう

と、部屋に戻る

 

 

ああ、そうそう

この時はですね、テレビ  📺  で

f:id:specide:20170212234549j:plain

 

ドナルド・ダックの

アメリカ大統領就任式をやってたのです

f:id:specide:20170213213857j:plain

 

また、

時を同じくして、

 

タイ:プミポン国王が崩御されてから

ちょうど100日間の喪が明けるタイミングだったので、

f:id:specide:20170213202824j:plain

ローカルのタイのテレビ局は すべて

お坊さんがお経を唱える仏教の行事、

同じ映像を流しておりました。 

 

夜間も

プミポン国王の生前の功績を讃える番組を

f:id:specide:20170213213940j:plain

 

 

 

若かりし頃のフィルムなどを交えながら・・

f:id:specide:20170213214019j:plain

広い国土を回りながら、

こうして国王自ら 農業指導などにも精を出され、

その結果、タイは観光だけに頼らない、

農作物輸出国としての確固たる地位を築くようになったのですね。

 

そんな感じで

終日テレビは

前国王の番組になっておりました。

f:id:specide:20170213214142j:plain

 

私たち旅行者がこうして安全で快適な滞在ができるのも、タイ 🇹🇭 をここまで発展させた国王のお陰でもあるのは明白です。

 

タイ国民のお父様、

どうぞ安らかにお眠りください。

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村