読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

ステイ in バンコク@Tins of Blue Hotel Residence Part1

タイ・バンコク ホテル

今回の宿泊先は


Tins of Blue Hotel Residence

 

ネットで見て、そのセンスにホレボレしました

www.tintsofblue.com

 


ホテル評価サイトのクチコミでも

かなり高いレベルを維持してたこちらに

期待を込めての新規開拓なんです。

 

 

なんか数年前までは

会員特典を使えるヒルトンばかりだったのが、、

まるで嘘のように、

全体的にホテルレベルの高いバンコクで、

リーズナブル(約7,000円/1泊)な新規開拓に勤しむ私です(笑)

 

 

ネット情報から

オサレなホテルなのは分かったのですが、

何かあるといけないので、、

ネガティヴ情報もしっかりチェック。

 

  • 駅から遠くて面倒
  • トゥクトゥクの送迎も途中までしかない
  • アメニティには全く期待できない
  • スリッパや歯ブラシもない
  • ルームクリーンが2日に1回しか来ないか、
  • もしくは、言わないと掃除がされない

 

などなど書いてありました。

 

 

ただ、

私は こういう自分の感性がインスパイアされるようなところに泊まりたかったので、ネガティヴ情報も許容範囲内だと大して気にも留めずに、予約を強行(笑)

 

 

駅からの道中、ソイ(小路)を間違え、

警備員さんに教えてもらいつつ、、

 

スーツケースを引きながらだと遠く感じるけど、

でも駅から10分も歩かない距離だった。

 

敷地に入ってすぐの小部屋でチェックイン

ここは8階が屋上で客室は7階まで、

の6階のお部屋にアサインされた。

 

 

エレベータ横のパネルも

自分ちに帰ってきたかのようでホッとしますね

f:id:specide:20170212230005j:plain

 

朝食にも利用される

1階のレストランはなかなか良い雰囲気なのでした

f:id:specide:20170212230308j:plain

 

エレベーターホール(というほど広くないけど)の小さなスペースには

f:id:specide:20170212235010j:plain

 

そのセンスが見て取れるようなディスプレイ

f:id:specide:20170212235027j:plain

 

こういうのを見ると 👀

思わず ポン酒(日本酒) 🍶  が恋しくなるというものです、、、違うか

f:id:specide:20170212235041j:plain

 

やはり、ブルーが

このホテルのコンセプトですから

f:id:specide:20170212235054j:plain

 

そしてエレベータに乗り6階で降りる

f:id:specide:20170212232010j:plain

6階レッドなんです!

 

上手に配色がなされてるので、

いろんなカラーを使っていても

ケバケバしさがないのですね

 

 

エレベーター横には

旅人たちの道程を示すかのような

シンプルなオブジェがあった

f:id:specide:20170212232041j:plain

 

エレベーター降りて正面がこちら

これまた雰囲気が違いますが。

f:id:specide:20170212232107j:plain

色使いの濃淡と、ハケ 🖌 の模様が印象的なペイント

 

お部屋へと続く道は

一転して光量を落としあった

f:id:specide:20170212232131j:plain

なんかワクワク感

 

普通のホテルとは造りが違うので

通路奥の扉 🚪 を開けたら非常階段じゃなくて

エレベーター真横に解放的な階段があります

f:id:specide:20170212234856j:plain

 

階段までなんか雰囲気満点 💯 、オサレなんです

f:id:specide:20170212232157j:plain

 

6階はエレベーターホールだけ赤

f:id:specide:20170212234924j:plain

 

ちなみに階段で移動してみたら

他の階のエレベーターホールは

また雰囲気が違ったりする、

タイル張りのこちらもいい感じ 

f:id:specide:20170212235103j:plain

 

 

大きな面積を誇る その階段の窓からは

アソークのビルディング街を望むことができ

この一帯だけが ぽっかりと

大都会の中のオアシスに見える

f:id:specide:20170212232211j:plain

 

次回は

いよいよルームのご紹介です(・∀・)

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村