読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

アソークといえば・・麻生大臣じゃなくて、、、

さて、

ピザ屋さんに続きまして、

ASOK アソーク駅の ご近所探索です

  

なぜ正しい発音が麻生なのにアソークと表記されてるのか、

ということは置いときまして,

 

 

アソークといえば、いつものところですよね!

 

???

 

駅からスカイウォークで直結しているビルは?

f:id:specide:20161031135901j:plain

 

周りの眺めもなかなかいい感じ

f:id:specide:20161031135914j:plain

 

不思議な看板もあったでごさるよ

f:id:specide:20161031135929j:plain

日本語でタイのお坊さんとお茶をしながら、

正しい 瞑想法を学び・・・ 

 

うん、なかなか意味不明ですが・・ソソられるコースですね

 

 

 

そうです

このビルは ターミナル21

f:id:specide:20161031135942j:plain

 

空港ターミナルをイメージして作られたという商業施設

f:id:specide:20161031135954j:plain

バンジーの名所、

 

いやいや

バンジーしたくなる名所

 

ターミナル21

それぞれのフロアに海外の有名都市の名前を付け、

そのイメージに作り込んでいます

 

 

ニューハーフ

 

じゃなかった・・

 

ニューヨークとか

 

 

 

ついつい、タイだから間違えたぜよ

 

あっちじゃ レディボーイ って呼ぶんですけどね

 

いや、こんな知識は必要なかったですか

 

話を戻しますと、

ニューヨークとかパリやロンドン、東京、ローマなどなど。

 

 

そして、 

地下フロアは ローマ

 

古代ローマ風の造りです

f:id:specide:20161031140030j:plain

 

勝利の女神:サモトラケのニケ の貴重な後ろ姿(笑)

f:id:specide:20161031140018j:plain

 

正面からの図は、こちら⬇︎(以前の訪問記)

 

それにしてもギリシャ彫刻って雰囲気がありますよね

(そもそも本物じゃないけど)

f:id:specide:20161031140044j:plain

 

でも、、あの時代の人々は、

どうしてあんなに大きな彫刻を数多く創ったのだろう?

いったい何が彼らを 駆り立てたのだろう??

 

 

などと考えてみるが、、

そもそも これニセモンじゃね! みたいな。。 

 

 

で、

最後を飾るスタチューは・・

f:id:specide:20161031140054j:plain

いったい誰やねん(笑)

 

 

ここにも

しっかり高級スーパー:グルメマーケットが 入っています。

  

南国のタイとは思えないほど鮮度のよいサーモン

f:id:specide:20161031140108j:plain

 

水路・陸送といった輸送技術が発達した恩恵でしょうか

f:id:specide:20161031140119j:plain

 

 サラダ・フルーツのコーナー

f:id:specide:20161031140136j:plain

 

好きな材料を選んで自分オリジナルのサラダを作ったら

そのまま店員さんに渡せば

自動マシーンでビニールの圧着パックをすると同時に計測され

料金表示シールを添付され完成 !

f:id:specide:20161031140338j:plain

こちらのサラダも、さすが高級スーパーならではの鮮度であります

 

でも、日本の感覚からしたらまだ安い

 

 

次回は

我らが TOKYO フロアをご紹介します!

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村