読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

沖縄グルメ旅をもう一度

日本 グルメ

お久しぶりの 沖縄グルメ旅 です。

 

前夜は那覇空港に1:40AMに到着、タクシーで移動し

ホテルでの就寝が3時近かったのでさすがに少し眠いです。。

 

 

ですが、

当時まだ梅雨明け前の関東と違い、

沖縄の快晴が迎えてくれました!

f:id:specide:20160731140441j:plain

 

おりゃー

f:id:specide:20160731140502j:plain

 

もう一丁!

f:id:specide:20160731140550j:plain

 

こちらでのグルメ旅、

前回から あっという間に一年が過ぎていました。

 

今回は沖縄そばの新規開拓から開始!


淡すいそば なるものを求めて

琉球茶房 すーる さんへ

f:id:specide:20160731140943j:plain


なんでも、

糸満にある名店「淡すい」からお蕎麦を取り寄せたものらすいです。

 

ええ!!

あの淡すいの麺なんですよ、皆さん!

 

 


って

何の店やねん、知らんがな。。

 

そうです、糸満市には行ったこともなく、

何ひとつ分からんとです。。サーセン。。

 

 


淡水とは・・海水の対局にあるもの。

 

ブルーオーシャンの沖縄で淡水とは、これいかに!

 

と、

ちと気になり注文してみた

 

  

 

沖縄そばは 2種類

  • 三枚肉の「淡すいそば」
  • ソーキが載った「ソーキそば」

で、それぞれにセット(じゅーしぃ)サイズ大小あり

 

 

そばセット小(淡すいそばのセット)

こんなシンプルな外見です。

f:id:specide:20160731140923j:plain

 

あの名店
首里そばといい、こういうのはほぼ間違いないですね。 

 

 

いつの間にやら沖縄そば通に昇りつめた私が言うのですから心配無用っす。

f:id:specide:20160731141210j:plain

スープを一口


かなり上品なかつおダシ・・


ガツンとくる系ではないからこそ奥行きの深さが感じられる。

 

三枚肉もオーソドックスな仕上がりながら、味がよく染みてて美味しい

f:id:specide:20160731141242j:plain

 

お蕎麦もコシがありなかなかいい感じに頂けました

 

ちなみにですね

沖縄そばは一切そば粉を使っていない(小麦粉とかんすい、または木灰)のに、そばとして認定されたという輝かしい記念日があるのです、何月何日かは忘れた(笑)

 

で、

今回の一番の収穫は、

このじゅーしぃ(炊き込みご飯)

f:id:specide:20160731141131j:plain


これまで食べた中でベスト!!


はっきり言って、わたしは じゅーしぃが好きではなかった。


これまで何度かも食べたけど、ベチャッとしているのが多くて、、


こんなんだったら、

普通米で炊く混ぜご飯か、

モチ米ならおこわの方がぜんぜん美味しいと思ってた。。

 

 

しかし、

ここのじゅーしぃは全くべたつきのない少し固めのベストな仕上がり


お米の粒が立ってる感じで、モチ米の特性をよく熟知している


鳥のダシもよく効いてて、ゴボウも香り高い!

 

すごい、すごい 

 

ついに沖縄で美味しいじゅーしぃを見つけた !

(σ・∀・)σゲッツ

 

 にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村