読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

銀河飛行(ギャラクシーフライト)で沖縄へ〜

ギャラクシーフライトの羽田発22:55(ANA999)は

  • 国内線では稀な深夜便だし、
  • 空港に着いた時にもあまり人がいなかったし、
  • ANAラウンジもスカスカの状況だったので

きっと機内もガラガラなのかもね

と考えていました・・

 


しかし

搭乗口に向かうと、

そこはびっくり大勢の人たちが!

私の予想に反してほぼ満席状態で、小さな子供たちがたくさん(驚)

 


しかも彼らは

生まれてから そんな長い年月を経ていないので

フレッシュでやたらと元気いっぱい!!

 

うん、分かる。

「子供の時の夜更かし」ほど楽しいものはなかったのだから。

 

しかし

さすがにサッカー場の「オレオーレ状態」だったので、

沖縄までの2時間半、どうなることかと心配になりますたのですが、、

 


飛行機が離陸直後にぐんぐん高度を上げていくと

なぜか皆んな頸動脈でも絞められたかも様に

首がカクンと落ちていくのですね、これが。

 

 

いつもの見慣れた光景ながら・・ホントに不思議です。

 

この現象、海外に行く時もそうだけど、きっと気圧の変化と関係あるのかも。

 

一応機内は気圧の調整が保たれていることにはなってんだけど、

そうじゃない、とは言えないまでも完璧じゃないのでは。

 

 

ぢゃないと、

離陸して ほんのちょっとのうちに

あんなに多くの人が気を失ったように頭(こうべ)を垂れることにはならないでしょう。

 

 

もう、わたくし

実るほど頭を垂れる稲穂かな

って詠んでしまいそうでしたわよ!

 

  

 

あとですね、

飛行機は最初に高度を上がるだけ上げて、

その後は目的地に向かって少しずつ少しずつ高度を下げて(落ちて)いくような形が一番燃費効率が良いらしいです、豆ですが。

 

なので、

心配してたように

子供たちが大騒ぎのまま那覇空港までという状況ではなかったんですね。

 

 

羽田から22:55発のギャラクシーフライトで

那覇空港に到着するのは1:40

f:id:specide:20160731133816j:plain

ZZzz(-д-)=(=д=)zzZZ


そうです、移動手段はタクシーしかないので、ちと大変です。


とはいえ、確保は容易(たやす)く、

すごい数のタクシーが那覇空港に待機してますた・・・

 

 

そして夜中の2時以降にホテルにチェックインすることになるので、ノーショウ(no show 予約して現れない客)と思われ勝手にキャンセルされない様、予めホテルに連絡しておく必要があります。

 

 

最近では全てネットで完結するホテル予約ですが、チェックイン時間のプルダウンメニューでは最大でも深夜0時までしか選択出来ないので要注意です。

(日付が変わりミスを誘発しやすいので)

 

f:id:specide:20160731133858j:plain

  

もしかしたら海外のトランジットの様に空港のベンチなどで一夜を明かす方もいるのかもですが、ここは日本なので少数派でしょう。

 

f:id:specide:20160731133911j:plain

 

または修行僧と呼ばれる「航空会社のステータス会員の資格獲得」のため、

1:40AMに那覇空港に到着し、

そのまま3:30AMの便で羽田にトンボ帰りで戻るという

文字通りの修行をされる方々もいらっさる様です。

 

 

上級会員の資格を取る条件というのは、

通常は年間5万ポイント以上とかなんで、

ギャラクシーフライトを使って安く資格取得を目論む方もいるのでせう。

www.ana.co.jp

 

私の場合、

かつてANAの営業さんが自分の会社にプロモーションを掛けに来てて、

当時は仕事で海外出張が多かったために条件をクリアし、

そのままスーパーフライヤーズという提携クレジットカードを作ったので、

現在はあまり飛ばなくとも関係ないのですが。。

 

ちなみにフライヤーと申しましても・・

揚げ物を作る調理器のことじゃありませんです。。

 

そういえば

数年前には、土日に羽田/成田からシンガポールを往復してる修行僧の方とお話したことがありましたが、何だかすごく楽しそうでした(笑)

 

修行している女性の方もいらっしゃるそうで、

そちらについては修行尼と呼ぶのだそうです。

 

う〜ん、

世の中、分からないことが多すぎるかも(笑)

 

 

でも嬉しそうに語る姿を見るにつけ、

たぶん、人は何か目標があって、

それに向かって突き進んでいる過程では、

すごく充実しているんだろうと感じました。

 

 

なんせANAのホームページにログインさえすれば

時間の経過と共にポイント、マイルや搭乗回数が増えてくのが見える訳なので、

  • ゴールまであとどれくらいか
  • 何フライト乗れば達成できるか
  • 1〜12月の年間記録なので、年末までに何日稼働できるか

これは一番モチベーションが維持しやすい形態ですね。

 

 

自分の実力がどこまで付いたのか見えない英語の勉強などとは違います(笑)

 

そんな訳で(どんな訳?)

続きはまた次回に。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村