読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

サイアム パラゴンの進化について

さて、前回のサイアムセンターの隣には

サイアムパラゴン

 

いつ行っても、

というより(住んでる訳じゃないので)

 

行くたびに進化してるでざんす

 

今回は入り口入ってすぐには

緑の絨毯と申しましょうか、緑の壁で覆われておりました

f:id:specide:20160102175552j:plain

 

心なしか

光合成の影響で酸素が濃く感じられるバンコクの1日でございます!

 

 

緑の壁をロッククライミングで上に登ると(ウソ)

デパート中なのに

アウヂ

 

いや違つた

Audi

のお車がいっぱい展示されておりました

f:id:specide:20160102175556j:plain

 

でね、

金額を見ていると 

f:id:specide:20160102175559j:plain

日本で売られてるのより(物価の違いを考慮しても)

はるかに割高に売られているじゃありませんか!

 

ということは、

 

タイの人にとっては途轍もなくバカ高い超高級車!!

 

なのに、

皆、割と平然と商談してるじゃございませんか?

f:id:specide:20160102175601j:plain

 

タイの人ってローンを組み時に

「あまり細かいことを気にしなくなる」という

マイペンライというおまじないがあるらすいのですが(笑) 

 

バンコクに住んでる人たちはかなりの富裕層とはいえ

この状況は何なのだと!

 

  

 

これまで国産の車メーカーが存在せず、

日本車が7〜8割というタイの車社会も徐々に変貌を遂げてゆくのでしょう、

少し物悲しいですが。

 

f:id:specide:20160102175604j:plain

 

そんな感傷的な気分でパラゴン内をウロついていたら

 

大きい 大きい ビレッジ

f:id:specide:20160102175748j:plain

という、よく分からない一角がありますた。

 

中にはリラックマさんがいらっしゃいますた。。

 

全国各地でクマ出没中の最中、

やはりこの国は親日国のようでありんす。

 

上層階まで上がると

f:id:specide:20160102175805j:plain

映画館のあるフロアは模様替えしており

 

なんだか近未来風に、やたらと格好良くなっていました。 

f:id:specide:20160102175808j:plain

  

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村