読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

サイアム地区は要警戒なので、別ルートを探索してみた

あれは昨年の夏のこと

忌まわしい連続爆発テロがエラワン廟船着場サトーンで起きたのも記憶に新しい。

 

たびたびチットロム駅からスカイウォークを通り、エラワン廟の横を抜けセントラルワールドやBig C、さらにその先の両替エリアに足を伸ばしていた私には、とてもショックな出来事でした。。

 

 

そして観光客減の影響や中国への配慮を気にするあまり、

タイ暫定政権は早々に灰色決着のままで事件を強引に収束させたのです。。 

 

原因は、中国新疆ウイグル自治区からタイを経由してトルコへ国外逃亡を図ったイスラム教徒たちを、タイ政府が違法入国で捕らえ中国(政府)に強制送還したことに対しての報復と言われているけれど、首謀者とされた新疆ウイグル自治区の人物はトルコへ逃亡し行方知れず、そうこうしているうちにIS関係者が昨年からタイに入国しロシア関連施設を標的にテロを警戒しているなどとの噂が蔓延っている状況になっています。

 

 残念ですが、、

もはや安全なところなど どこにもない

 

そういう世の中になってしまいました 

 

 

フリークエント・トラベラーたるもの

自分の身は自分で守るのが鉄則なのだけれど、

旅先での両替くらいは、わざわざ郊外に行かずに、馴染みのレートの良いところで行いたいもの。

 

そういう観点で、サイアム地区の両替所に行くためのルート探索、できるだけリスクの小さい新ルートを開拓にチャレンジしてみた

 

 

まずはBTSチットロム駅を逆方向に降りる。

大部分の人々がエラワン廟、セントラルワールド方面に向かうので、いきなり人がいなくなる。

これは重要なポイントで、テロ首謀者は社会への影響を最大化するため、より甚大な被害が出るところだったり人が密集している場所を選ぶのだから、そういう箇所は避けるべき。f:id:specide:20160102185540j:plain

 

そのまま歩道を進んでいくと

こんなところに AEON イオン / マックスバリュー を発見

f:id:specide:20160102185546j:plain

 

下だけ見てないで、身近に危険はないかと辺りを見渡せば、

頭上にバンコク名物:バスタ状に絡み合う無数の電線が存在していました。。

f:id:specide:20160102185549j:plain

 

    

 

さらに進めば

ほぼ間違いなく敵の策略だと思われるのが・・

歩道のど真ん中に標識を立てて、こちらの反応を確かめている模様。。

f:id:specide:20160102185604j:plain

なんだこれ?

一体どこを通れと!

敵の意表を突いて真ん中をすり抜けたら猫認定されそうな悪寒。

 

最後は歩道までを消して行く手を阻むという強引な策略に出ている様子。。

f:id:specide:20160102185552j:plain

 

ほとんど自動車の真横をすり抜けながらも、

なんとか水路まで来たので、階段を降りて水路沿いの道に歩を進める

 

あともう少し・・

ここから水路伝いに進めば、逆方向経由で両替エリアには辿り着けるはず

f:id:specide:20160102185606j:plain

 

ここが 水上バスの駅

f:id:specide:20160102185609j:plain

 

オラが駅舎に水上バスがやってきた!の図

f:id:specide:20160102185611j:plain

 

しばらく川伝いに進むと

やっとBig C に裏ルートから到着

f:id:specide:20160102185614j:plain

これまではチットロム駅からスカイウォークを人波に揉まれながら歩いてきたのに対し、裏ルートを利用すれば大回りにはなるものの、ほとんど密集エリアを避けて(というより人が居ない)移動できることが判明、これは今後のオプションの一つには使えそうだ。 

 

そして後ろを見れば

両替商の Super Rich スーパーリッチ(良い響きです)

f:id:specide:20160102184806j:plain

もっとも、このお店ではなく、

もう一本路地を挟んだグランド・スーパーリッチの方がレートが良いので、そっちが私の行きつけなのです(・∀・)

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村