読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

いざ行かん TESCO Lotus テスコ ロータス@オンヌット 1

早朝にスワンナプーム(空港)に着いて

電車に乗ったはいいものの、6:00過ぎからバンコクは通勤ラッシュ!

 

ヘ(..、ヘ)☆\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

冗談か!

って思うじゃないですか?

 

 

しかし・・

これが事実な訳ですYO!

 

関東でさえ通勤ラッシュのピークは8時前後なのに!

 

 

バンコクのは日本のように体が痛いレベルまでではないものの、

隙間のない超満員電車に少々げんなりしてしまうのも・・

 

まぁこれも旅の醍醐味かな。

 

いいやチャウチャウ!

 f:id:specide:20160113141544j:plain

 

以前はここまで混むことがなかったから利用者が増えてるんでしょうね。

BTSも開業してしばらくは料金が高かったこともありガラガラだったのが、リーズナブルになったことで一気に利用者が激増したという極端すぎるマジックにも似た現象。

 

もう、ここまでラッシュがひどいと、車両を増やすとかした方がいい状況になりつつあるんじゃないかと思いますが(一応ホームも長いし)、今後も新たなBTS路線の開業を控えるバンコクのことですから、、

 

その辺りは、その後の人の流れがどう変わるかを見てから考える、ということなのかもしれません、はいマイペンライです。

 

 

 

早朝にホテルに立ち寄り、14時のチェックインまで荷物を預かってもらい

身軽になって降り立ったのはお隣のBTSオンヌット駅

郊外エリアののんびりしたところです。

 

今回は「サービスアパートメントの新規開拓」「必要以上の贅沢をせず、お金の使い方にメリハリをつける」がテーマなので、宿泊エリアも郊外に取ってみた。

 

 

こういう何かと不安定な時期に、警備が厳重な都心部より郊外の方が安全というのもなんか皮肉なものではありますが。。

 

 

このオンヌット辺りまで来ると観光客の数も激減し、地元民と在住外国人(日本人含む)が住む下町といった雰囲気でしょうか。

 

まあ郊外とはいえ、

繁華街サイアム地区からは思ったほど離れているわけではなく

BTSでサイアム駅からオンヌット駅まで乗車時間はわずか16分です!

 

 

しかし、なぜ16分と分かるかと言えば・・

 

私、鉄道マニアなので海外でも電車に乗って時計とにらめっこしてる・・(ウソ)

 

ではなく、、

 

乗換案内を使ってるから!

 

 

 

(゚Д゚)ハァ?

 

頭がおかしくなったんだろうって!

 

アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾ 踊らずにはいられない

 

 

日系企業が進出してるのは、なにも飲食店や自動車を中心とした製造業だけではなく、ネットの世界でもボーダレス化が進んでいるのです。

海外版の乗り換え案内も既に19カ国分をリリース済み

恐るべしナビタイム!

 

 

 ん?

なんの話でしたか!

 

 

ここオンヌット駅を降りた目の前には、

なんと6:00から開いてる大型商業施設のテスコロータスTESCO Lotusがあるのです

営業時間は6:00 〜 24:00(マックだけは24時間)

f:id:specide:20151208135929j:plain

スーパーだけじゃなくて、家電からお化粧品からお洋服、フードコートまでなんでもあります。

 

郊外の大型ショッピングモールなので広い駐車場は必須ですが・・

日差しの強烈なお国柄から、駐車場にはサンシェードがあります 

f:id:specide:20151208140933j:plain

思わず上に乗っかってトランポリンとか出来そうな雰囲気ですが・・

これがあることで、炎天下駐車のサウナ状態から逃れられるのかしら。

 

タイの人たちの自宅駐車場はどうなんでしょう?

野ざらしだと暑すぎて発火とかしちゃうのかな? ヾ/(゜∀゜) ソレハナイ 

 

ちなみに、この駐車場で・・

日本のサンバイザーみたいな、フロントガラスに内側から付けるモノを使ってる車は見当たりませんんでした。

 

さすがに日本車のシェアが7〜8割と言われるタイでも(東洋のデトロイトと呼ばれるタイは自動車産業が盛んだけど、タイの自動車メーカーはない)、何でも受け入れられる訳ではないようで。。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

にほんブログ村