読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

恐ろしい、あなたはタイのピーを見たことがあるか?

タイのピー って知ってますか?

 


屋台で飯食って、食あたりしてお腹を下すことだろうって?

 

 

マイチャイ(いいえ)

 

 


ピーは、オバマじゃなくて・・お化けを指すのです。

(スマホで文字入力してたら、おば  まで入れたら最初の変換候補にオバマが出てきちゃったんで(笑)

 

 

もっと正確にいえば、ピーにはお化け以外の精霊なども含まれるのはマメです。

 

 

ここで、関係ないですが、

タイの映画興行収入No1メガヒット!ピー マーク プラカノン

f:id:specide:20150610110515j:plain

タイでは、アナ雪を抑えて大ヒットしたこの映画は日本でも公開されました。

 

プラカノンという土地のマークお兄さんが下痢をしてピーマークと呼ばれ・・・・・

 

サーセン、

ちと調子に乗りすぎました、、、

 

ホントは、お化けのマークお兄さんの話ですた・・・

 

 

邦題は「愛しのゴースト」ですが、

ピピピの鬼太郎の方がよかったかもね!(笑)

 

 

 

さてさて、本題に戻りますと、

 

wikiによれば、ピー信仰は主にタイ族が信仰するアニミズム(精霊信仰)のことである、と載っている。

 

 

自分が学生の頃、アニミズムはアニマルから来てる動物崇拝のことだと習ったのに、現在は捉え方が違うようですね。

 

かつて人は、遠くの物音を聞きつけたり匂いを嗅ぎ別けたりといった特殊能力に長けたオオカミなどの動物を恐れ、神の使いと称し祀りたてた。

日本でも神社に動物を祀ったところも多い。お稲荷さんもキツネである。
とか、そんな感じだったと思う。

 

 

 

でもwikiに書いてあるのは、
アニミズムは生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。


まあ、百歩譲ってそこまではいいでしょう。

 

 

 

さらにその後、
19世紀後半、イギリスの人類学者、E.・B・タイラーが・・・
って、


え、19世紀? 昔からそうなの?


しかも相当昔じゃない。

 

 

 

しゃあ私が勉強したアニミズムはいったい何だったのか?

 

こんなに記憶が鮮明な思い違いってある?

 

 

 

もしかしたら、知らぬ間に宇宙人にさらわれて宇宙船で記憶を変えられて、耳の後ろに電極とか埋め込まれたんだろうか?

 

そういや、最近、訳もなく空を見上げるのが好き・・

 

もしや宇宙人に操られているのか?

 

  

 

いやいや、


これがタイのピーのしわざなんですよ、奥さん!

 

 

 

 

 

ところで、ピーに遭遇したことはあるのか?

と聞かれたなら、

 

分かりません  と言うのが私の答えです。

 

 

羽田発深夜のフライトで、あまり眠れないままバンコクに到着し、あれは確かセンターポイント(サービスアパートメント)にチェックインした時のこと。

 

午前に一旦フロントで荷物だけ預けて街に繰り出し、午後に戻ってチェックインし、ベッドの上でテレビを見ていたらウトウトと寝てしまった・・

 

 

どれくらいの時間が経ったのか・・

 

ふと目を開けると金縛りで体が動かない。

 

テレビを見る体勢のまま寝てたので、背中に枕やクッションを敷いてたから目線が高く部屋の様子は良く見える。

 

ふとベッド上の足元に目をやると・・

昔飼っていたワンちゃんが部屋の入り口の方を向いてお座りしていた。

 

部屋の入り口は、自分のベッドの正面がテレビでそこを左に曲がった先だったけど、壁で見えない。

 

そこに何かいるのか、いないのか・・・

 

 

自分からは犬の後ろ姿しか見えないけど、昔可愛がっていたワンコだったのは分かる。

 

「ああ、そばで守ってくれているんだ」と安心して、また気が遠くなった・・

 

 

 

 

起きてから「あら、さっきの夢だったの?」というのが事の真相

 

 

まあ、聞いたところによると、お化けが出る時って後から夢だったかどうか分からないの多いらしいですが、、、

 

霊感もなく、お化けを見たことない私が海外で遭遇しそうになって、ワンちゃんに守ってもらったという本当にありがたい話です。

 

 

※ちなみにワンちゃんとは、ソフトバンクホークス 王監督(会長?)のことではないです。

 

 

 

教訓


タイでピーピー言わないように正露丸を持って行こう

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村