読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

大都市バンコクの可能性

1997年のアジア通貨危機によるバーツの大暴落

 

昨年末にロシアのルーブル安が騒がれたが、アジア通貨危機の発端となったタイバーツはその比ではなく、なんと10分の1の価値に暴落した悲惨なものでした。

 

それ以前までも年率9%を超える経済成長をしてきたタイの景気が一気に崩壊し、企業の倒産、リストラで街には失業者が溢れかえる状況に一変。

 

そして、IMF管理下での一からの再出発。

 

 

 

そんなどん底から再び目覚ましい経済成長を遂げ、東南アジアを代表する工業国として現在はASEANのリーダーたる地位を確保したタイ。

 

その力強い復興を象徴するのが、大都会へと発展した現在のバンコクの姿です。

f:id:specide:20150329182338j:plain

 

 

バンコクは人口約828万人でタイ人口約6,,600万人の約13%を占める首都。

 

国民の90%以上が上座部仏教を信仰しており、宗教がその生活に根付いている。

 

f:id:specide:20150329182346j:plain

 

 

 

人口ピラミッドも、将来の担い手である若者が多く、復活を成し遂げた自信も国民に勇気をもたらした。

 

国全体に活気があり、何より明るさがある。 

 

f:id:specide:20150329182355j:plain

 

 

 

大都会に変貌したバンコクであるが、

一歩小道に入り奥に進めば、駅周辺とは様相が異なり、古き良き時代のバンコクの面影があちこちに今も点在している。

 

小汚ない通りに道路もガタガタ、歩道も途中で途切れていたり(笑)

そんなところに屋台がひしめき合い、野良犬は暑さのあまり寝そべっている。

 

 

 

シンガポールの人工的で小綺麗な大都会とは明らかに違う・・・

f:id:specide:20150329184502j:plain

 

 

 

そう、ここバンコクには人々の血の通った生活が確かに存在する。

 

その感覚を私たちは無意識のうちに肌で感じ、この都市に魅せられているのかもしれない。

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村