バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

ヒルトンゴールド会員の取得法についてのあれこれ

今まで書いてきた、いろいろメリットの多いヒルトン上級会員の資格。

 

ランクは4つ(ブルー、シルバー、ゴールド、ダイヤモンド)ですが、実感できる様なメリットを享受できるのはゴールド以上になります。

 

私の場合、仕事で海外出張が多かったためヒルトンゴールドの資格を得ましたが、この会員資格を得られる方法がいくつか存在します。

 

 

【ヒルトンゴールド会員】

 

メリット:

・空室がある場合の部屋のアップグレード

・2名までの朝食無料(コンチネンタルブレックファスト)

・25%のボーナスポイント

・滞在中のヘルスクラブ無料

・レイトチェックアウト

 

取得条件:

・年間に16滞在または36泊、もしくは60000ベースポイント

 

 

上記の様に、メリットは多々あるものの、かなりの回数の宿泊をしなければ

到達することは難しい設定です。

 

 

そこで裏技として存在するのが、クレジットカードを作ることで資格を得ること。

カードの年会費を払っていれば、自動的に会員資格の継続もされます。

f:id:specide:20141011135501j:plain イメージ図(笑)

 

三井住友ヒルトンHオナーズゴールドカード(増税前データ)

・通常の年会費は13,650円(増税後、現在は13,950円の表記)

・マイペイすリボ(リボ払い)に設定することで年会費が8,400円に

※リボ払いの設定額を、自分が一ヶ月に使う金額以上の限度額に上げる設定をする

※例えば月に50万以上も使わなければ、月70万、80万に設定すれば、一括払いと同じこと

・さらに、明細を郵送ではなくweb明細に変更して、年6回以上の請求書発行があれば、さらに1,000円(税別)の割引

・結果的に年会費が7,350円まで下げられる

 

 

消費税の増税により、上記価格に多少の変動はありますが、何れにしても簡単にお金で手に入るヒルトンゴールドの資格。

メリットも盛りだくさんなので、入会を検討するのもありかと思います。

人生を変える世界の究極ホテル

 

 

また、どこかの上級会員資格を取ったら、それを元にわらしべ長者みたいな事(厳密には物物交換はしませんが)が出来るステータスマッチというのがあります。

 

もともとは海外の航空会社でおなじみの制度なのですが、これは、それぞれの顧客層が重なる高級ホテル同士で、競合の優良顧客を自分のところに取り込みたいことから、例えばヒルトンの上級会員であれば自社の相当する上級会員レベルをお試しとして3ヶ月〜1年間の無償サービスを提供するというものです。

 

 

一例:

ヒルトンゴールド → ハイアットゴールド、アコープラチナ、SPG上級など

 

高級ホテルといっても十把一絡げではなく、面白いことにそれぞれのホテル毎に特色が存在するものです。

 

せっかくの機会なので、いろんなホテルの宿泊を試してみるのもお勧めです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村

東京ヒルトンホテル物語