読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

まずはバンコクへ行こう!

スワンナプーム国際空港は、2006年に開港したすばらしくスタイリッシュな空港です。

 

ドイツ人建築家のヘルムート・ヤーンが設計したそうですが、今まで行ったどの空港よりもカッコいい。

f:id:specide:20150811142809j:plain

 

近未来的な造形とブルーLEDのイルミネーションは、

建築デザイン好きとしては垂涎もので、何度行ってもしばらく見とれてしまうほど。

 

そして、その名の由来

「スワンナプーム」「黄金の土地」の意味です。

 

f:id:specide:20150811142832j:plain

 

さて荷物を持って空港の税関を抜けたら、

まずは現地タイのSIMカードを購入しましょう。

(SIMロックフリー携帯を持っている場合)

 

タイの携帯キャリアは、AIS、DTAC、True Move、Thai Mobileの4社で、

以下のようなショップを空港に出しています。

 

f:id:specide:20150829135528j:plain

 

ちなみに加入者が最も多いAISはタクシン元首相が立ち上げたキャリアで、

トップシェアを誇り成功した後にシンガポール政府系の投資会社に売却されています。

まぁそのことが反タクシン派(都市圏の富裕層)にとって、守銭奴という反感にも繋がってる模様なんです。

 

 

そこで「ツーリストSIM」を購入すれば、

滞在中にとても安価で通話やネットが賄えます。

 

容量や有効日数(7日or 30日)など幾つかのラインアップがありますが、

私がいつも買うのは

7Days / 1GBプラン=299バーツ(約1,000円)のカードです。

 

 

カウンターの店員さんが、SIMの抜き差しからアクティベーション、

通信設定までやってくれるので楽チンです。ネットもそこそこ速いですよ。

 

これまで日本で使ってたSIMも滞在中に無くさない様にと、

受付のお兄さん/お姉さんがツーリストSIMのパッケージ裏に

セロハンテープでべったりと貼ってくれます。

 

 

日本の携帯キャリアの海外定額料金は現在のところ2,980円/日もしますから、x 7日だったら大変なことになります。

 

 

携帯キャリア3社で営業利益2兆円も稼いでぼろ儲けしてるのですから(コレほんと)、

私たちが海外に行った時まで、これ以上の貢献をする必要もないでしょう(・∀・)

 

旅はタイにはじまり、タイに終わる

アライド タイの台所 タイ焼きそばセット

 

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村