バンコクに行きタイ

タイ・バンコクの旅行記などを中心に書いています(・∀・)

日本

何十年ぶりかの小田原漁港へと

子供の頃に親とキス釣りに来て、 キスどころかハゼしか釣れず、、 しかも ハゼの背ビレだかが指に刺さった記憶のある 小田原漁港 なのであります。。 何十年ぶりに来たがや! なんでも、 この界隈は深いんですって 漁港に着いたのは14時頃、 一般の釣り客を…

ヒルトンから漁港へ@小田原

時間があったので ヒルトンショップへ やはり この土地が みかん畑 だった名残りなのか 地元のみかんをセットして販売してました 小さめな可愛いサイズを まとめて10個くらい袋詰めして500円 店内は、ゆったりした造りで 地元の木工細工品なども展示してた…

居酒屋さん新規開拓@ふわり 小田原

晩ごはんを食べに ヒルトンからシャトルバスに乗って JR東海道線で根府川駅から2つ目の小田原駅へと移動 小田原駅にぶら下がってる巨大提灯(ちょうちん) 迫力満点でカッコイイ! ヒルトンと小田原駅のシャトルバスも 夏休み期間を除き(道路の渋滞)用意…

今回のお宿はヒルトン小田原リゾート&スパ その5

ヒルトンと言えば、 楽しみの一つが各地での朝食なのです。 ヒルトン ゴールド会員の場合、 ・朝食無料か ・宿泊費の割引などに使えるヒルトンポイント付与にするか を選べるところが多いのですが、 小田原ではデフォルトで朝食無料になるようです。 レスト…

今回のお宿はヒルトン小田原リゾート&スパ その4

ヒルトン小田原リゾート&スパでは その名の通り様々な施設が敷地内にあり、 宿泊費に加えて リゾート施設管理費 1,100円 入湯料 150円 といった費用がかかる仕組みになっています。 で、 プールに向かうことにした このホテルは全室オーシャンビューなので、…

今回のお宿はヒルトン小田原リゾート&スパ その3

部屋の探索を続けますと バスルームは、 安定のヒルトン クオリティ な感じです まあ、 どこも大きく変わることはないですね ココのヒルトンは ヒルトン小田原リゾート&スパ という名称が表す通り 館内に スパや温泉 ♨️ があるので おそらく稼働率はかなり低…

今回のお宿はヒルトン小田原リゾート&スパ その2

さてと、 館内は いつものヒルトンの雰囲気だったので 初めてのヒルトン小田原なのに 何度も来たような気になって安心感がある こういうの何気に大事なことですね 今回は ヒルトンのゴールド会員特典で、 和洋室にアップグレードして頂きました 一般的な部屋…

今回のお宿はヒルトン小田原リゾート&スパ その1

さて、小田原に来てからというもの まかない丼ランチに大満足し、 小田原城を陥落させることが出来ず落武者となった私は、、 髪を振り乱し、 追っ手を気にしつつも、 またも東海道線に乗り、 二つ先の無人駅:根府川(ねぶかわ)で降りる ココは、ほぼほぼ海…

難攻不落の小田原城 完結編

ついに 天守閣の最上階 へと足を伸ばした これは 大学教授などで構成された調査団の研究を元に 地元:小田原の職人さんたちが 当時の建築技術を駆使して 小田原城天守最上階を再現した模型とのこと。 その先には、 グルリと360度ひと回り出来る展望デッキが…

難攻不落の小田原城 その4

ついに 小田原城 天守閣 へと入る 小田原城は震災やそれに伴う火災で崩壊し、 現在のものは1960年に再建された鉄筋構造の建物だそうです で、 天国への階段 by レッド・ツェッペリン ちと違うか、、 天守閣への階段 を登り始めると、 あっという間に人が小さ…

難攻不落の小田原城 その3

ここが最後の難関、常盤木橋(ときわぎばし) 登城とはよく言ったもので、、 もはや登山と変わりません。。 この城内でも一番の急勾配ですが、、 両サイドにはお花畑ののどかな景色が 急坂を登り、息も絶え絶えで、、 思わず極楽浄土の幻が見えている・・訳…

難攻不落の小田原城 その2

馬出門(うまだしもん)の中に入ると そこは真四角のスペース 敵が侵入した際に 入口・出口の両側の門を締めて閉じ込め、 外から攻撃を加える構造で造られているらしいです でも、、心配した様に、 門から、いきなり馬 が出てきて蹴散らされなくてよかった…

難攻不落の小田原城 その1

ランチの後に向かったのは 難攻不落の小田原城 合戦じゃ、合戦じゃ~! そうなのです。 松本城だけじゃなく、小田原城にも行かねば! あの豊田議員や、上西議員でも、、 いや、、ちと違うか、、 あの武田信玄や、上杉謙信でも 陥落させることができなかった…

毎年恒例の夏旅行シリーズ:今年は小田原に向かう

お久しぶりの国内旅行シリーズなのであります。 ここ数年、 毎年恒例の真夏の沖縄旅行 ✈️ でしたが、 今年は 神奈川県民として自分の県にお金を落とすのが大事なのではと! なので、今回は 自宅からたった一時間で行ける観光地:小田原へと向かったのでした…

長野 松本城の佇まい その6

お久しぶりの 威風堂々:松本城シリーズなのであります そういえば、 先日「松本城が倒壊の恐れ」とか報道されてビックラしますた 400年以上経ってるのに 幾多の震災や戦火を乗り越え こうして無事に現存していることが奇跡なのかも、ですね そんな歴史の重…

長野 松本城の佇まい 続編

お久しぶりの松本城シリーズなのであります。 史跡としての価値の高さだけじゃなくて その荘厳な雰囲気(ふいんき ←なぜか変換できる by Google日本語入力)が 私の琴線に触れるのはなぜ? 前世は長野県人?って感じなのです。 でも、 居酒屋さんで見た蜂の…

タイの食堂 オールドタイランド@新橋

タイの食堂 オールドタイランド って、店名をそのまま書くとタイにあるお店みたいなんですが、、 タイの食堂 オールドタイランド@新橋 で、新橋にあるお店です。 新橋駅から小道を入ってしばし、 烏森神社 ⛩ の近くにあるのは タイ料理店 の タイの食堂 オ…

長野 松本城の佇まい その5

いざ、頼もう! と、松本城 の中に入ってみた 前回からの宿題である 結構毛だらけ 猫灰だらけ、 壁は穴だらけ?についてです お城の中から見た穴は、こんな感じ そうなんです! しばれる長野の冬は厳しく、、 七輪で暖を取った際に・・ 一酸化炭素中毒にな…

長野 松本城の佇まい その4

そんな訳で・・ いよいよお城 へと、いざ向かわん 松本城の天守閣は、 すごいエッジが効いているデザイン シャーッという感じですね いや、私、関西の人じゃないんですが、、 コレを見ていると、ついつい シャーッとかピャーッとか、、擬音を使いそうになり…

長野 松本城の佇まい その3

お久しぶりの 松本城 シリーズ いざ本丸へ! という訳で、、 ついにお城のキャンパス内と申しますか、 城内に、ついに足を踏み入れるのであります。。 おお、あれは 盗賊たちから「鉄壁のガード」と畏れられた一の門(通称:黒門)ではないですか! 実はで…

長野 松本城の佇まい その2

築城から今日(こんにち)に至るまでの420余年の歴史におきましても・・ やはり青空に映える威風堂々の松本城なのであります。 ここが二の丸御殿跡へと入る門で、 太鼓門と呼ばれているものです。 直線じゃなくて曲がって入る構造もわざとすか? うん、、き…

長野 松本城の佇まい その1

建築業でも無ければデザイン関係でも無いくせに 建築物マニア ≒ ( ̄ー ̄)ニヤリ イコール お城マニア の私が思うに・・ 日本に現存するお城の中で 最も雰囲気のあるものの一つが 国宝 松本城 なのです 長野とは縁もゆかりもない 神奈川県民なので・・ いつからお城…

熊本復興支援のために協力したかったのですが・・

昨年4月の大地震から復興の道を歩んでいる熊本県 あの日は関東でも夜8時過ぎに地震があって、、 その後 自宅に帰ってテレビを見たら、 熊本でも地震があったと知ったので なんか すごく記憶に刻まれてる。。 微力ながらも支援に協力できればと思って これま…

日本の侘び寂び: 目黒 雅叙園の閑さや

閑さや岩にしみ入る蝉の声 皆さんにおなじみ 松尾芭蕉が「おくのほそ道」で詠んだ句なのですが、 彼が 山形県の立石寺(りっしゃくじ)という山寺で 岩が重なるような山上から下界を見渡した時に なぜ蝉の鳴き声がうるさい、じゃなくて静寂を感じたのだろう…

北海道には行ってないけど・・釧路のいかめし(・∀・)

一昨日の日曜日のこと、 たまたま お昼に チャンネルをNHKに合わせたら・・ ん?? 放送事故? なんだコレ?? そうなんです、 大雪の京都で開催されていた 全国都道府県対抗女子駅伝 こんなコンディションでも中止にならないなんて・・ でも この日がピーク…

街の風景:東京 京橋 都会にオアシスじゃなくて

言わずと知れた コンクリートジャングル トキオ(´Д`)ハァ… なんでも 最近では 都会にオアシスじゃなくて ビルの中にオアシスを作ろう!という試みが進行中らすいです 東京駅周辺ではビルディングの老朽化に伴う再開発が 何年にも渡って断続的に行われてきま…

花畑牧場のモッツァレラチーズ@北海道・十勝(・∀・)

北海道物産展で入手したのは 花畑牧場のモッツァレラチーズ そうです、 生キャラメルで一世を風靡したあの牧場。。 牧場長がタレントの田中義剛さんだったことも相まって 爆発的なブームとなったことも遠い昔に感じてしまいますね、、 直営の豚丼屋さんで食…

街の風景:東京 新橋(・∀・)

しばらくぶりの街の風景シリーズ こちらは テレビのインタビューなどでおなじみの 新橋駅前 SL広場 です。 この時に出掛けた新橋のリンク記事になります tenten030.hatenablog.com さてこの広場、 SLというくらいなので 蒸気機関車 が展示してあって 毎日決…

富山には行ってないけど・・富山ますのすし(読めますか?)

2017 ΑКЁОМЁ(。・ω-)(-ω・。)δКОТОУОЯО⌒☆ 新春第一弾であります! 富山ますのすし って、文字だけ書いてみると、、 頭がおかしいか、または 日本語が不自由な人と間違えられそうですが、、 時すでにおすし ん?・・違うか・・ 正解はこちらです! 享保2年(1717…

そうだ京都へ行こう  後編

京都土産(みやげ)と言えば おこしやす ・・・オシイ (ノ∀`)アチャー そう おたべ ですね! 八つ橋っていうのも不思議な魅力のある食べ物です。。 もちもちした外皮に 振りかけられたニッキパウダーの香り 中の粒あんも多過ぎず甘過ぎず絶妙なバランス 古くから存在…